• ホーム
  • 性病の1つクラミジア感染で幽門前庭部の痛み

性病の1つクラミジア感染で幽門前庭部の痛み

性病には淋病、エイズ、コンジローマなどいろいろありますが、今もっともよく見つかるのがクラミジアです。
クラミジアは10~20代の若い男女が感染し、1度の性行為で50%の確率で罹患する性病です。
クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が繁殖、過激な性行為によって感染、拡大します。
オーラルセックス、アナルセックス、ディープキスなど粘膜を通して、感染していきます。
男性は尿道から膿がでたり、排尿通がありますが、女性の場合ジスロマックなどのような薬をのみ、きちんと治療しないと重篤な症状になる可能性があります。
たとえば女性が男性器をなめしゃぶるフェラチオという性行為をすれば、男性器にすみついていたクラミジアが女性の喉に感染します。
するとだらだら微熱が続いたり、咳がでます。

病院へいくとこれらの症状からマイコプラズマを疑われ、その菌を殺す治療が行われるかもしれません。
マイコプラズマの検査をしても菌が検出されないため、一体なんの病気なのか特定できなくなるかもしれません。
マイコプラズマとクラミジアの喉に感染した場合は、症状がよく似ているので、まさか性病でしつこい咳や、微熱が続くとは思いつかないかもしれません。
また性行為によってクラミジアは女性器に感染すると、おりものが増えたり、色がついたり、いやな匂いがするようになります。
たまに不正出血をすることがあります。

それでも症状があまりでないと放置すると、子宮から、肝臓のほうまで進行していきます。
すると腰や、幽門前庭部あたりは痛みます。
心配になって胃の検査をすると幽門前庭部あたりに、クラミジアウイルスが見つかるかもしれません。
幽門前庭部まで痛みがあるとかなりクラミジアの量が多く重篤なケースが多いので、入院治療が必要な場合もあります。