• ホーム
  • 性病のひとつのクラミジア感染の症状

性病のひとつのクラミジア感染の症状

性病の一つである「クラミジア感染」をおこした場合、男性と女性で症状の出方が違ってきます。

女性はクラミジア感染になっても自覚症状が無い人も多く、症状があったとしても、おりものが少し増えたり、軽い生理痛のような痛みや不正出血、黄色いおりものが出るなどの症状が出て来ます。
男性の場合も症状が軽く、尿道がむずがゆくなったり、排尿時に軽い痛みがある程度なので、男女ともに分からないまま重症化してしまうケースもあるのです。

性病に感染して放っておくと、できものが出来たり痛みなどが出たりしますが、クラミジア感染症も炎症をおこし痛みが出ます。
しかし、性病の尖圭コンジローマのようにできものが出て、見た目に分かることが少ないので「軽い生理痛だろうか」、「痒かったり痛みはあるけれど、蒸れているだけかな」と放っておく人がいます。
女性の場合は子宮頸管炎、子宮内膜症、卵管炎、骨盤腹膜炎などに進行してしまい、妊娠出来なくなったり、妊娠している場合は流産や早産などを引き起こします。
男性の場合は尿道炎、精巣上体炎、陰嚢の腫れを引きおこし、不妊の原因になります。

また、クラミジア感染が原因で鼠径リンパ肉芽種(そけいりんぱにくげしゅ)という病気になることもあります。
最初は陰部に粟粒大位のびらんがあらわれ、「なんだろう、でも大きなできものは見当たらない」という感じで、あまり気にならない場合もりますが、放っておくと鼠径部のリンパ節が腫れ上がって来て、痛みが出てきます。
さらに放置すると、化膿してリンパ節がかたまりになって、皮膚に小さな穴が開いて膿が出て来ます。
この病気は重症化すると直腸や尿道、外陰部、肛門などに潰瘍が出来るだけでなく、大陰唇や小陰唇に、象皮病(ぞうひびょう)といって、皮膚が象の皮のように厚く硬くなる場合もあるのです。
軽いうちはできものが出て分かるということが無いので、疑いがある時はすぐに病院で検査を受けましょう。