• ホーム
  • うつ病や子宮頸がんと性病の関連性を知っておこう

うつ病や子宮頸がんと性病の関連性を知っておこう

性病は、基本的に生まれたときから自身でウイルスを持っていることは稀です。
確かに、母子感染で最初からウイルスを抱えて生まれてきたのならば全く話は別ですが、健康的な男女は生まれながらにしてウイルスを抱えているわけではないので、普通の日常生活を過ごしていれば性病にかかる心配はありません。
しかし、子宮頸がんやうつ病になっている人から性病となるウイルスをもらってしまうことはあります。
子宮頸がんの発症原因は、99%が性行為であることがわかっています。
相手が持っている子宮頸がんになるウイルスをもらってしまうことによってがんを発症させることになります。

また、知っておかなくてはいけないのは子宮頸がんを発症させるウイルスは特定の性病を引き起こす性質を持っています。
性病の発症原因とそのウイルスには関連性があるので、性病を発症させたときにはまず病院に行って詳しく身体を診察してもらわなくてはいけません。

また、うつ病と性病に関連性があるのは病気になるのが怖くて強迫性の障害になってしまうことがあるためです。
これは、親しいパートナーがあってもうつ病にかかってしまう可能性があるため注意をしなくてはいけません。
パートナーがいてその人に対して良い感情を持っていたとしても、病気になるのが怖いとそれだけで外的なストレスを多く受けてしまうことになります。
実際に、うつ病患者は重い病気を併発させていることが非常に多いため他の病気になってしまうとそれが原因でうつ病を発症しかねません。
実際にこうしたケースにならないようにするためには、お互いのことをきちんと理解して病気が移らないように対策をしておくことです。
そうすれば、それぞれの病気との関連性を無くすことができます。